はり・きゅうについて

治療費 5,000円 (税別)

※全日予約制となっております。
※治療時間は、45分の枠で区切らせていただいております。
患者様が最大限に快方へ変化したところで、『治療』とします。

空治療室の様子

当治療室のはり・きゅう

当院の「はり」「きゅう」は、痛みがほとんどありません。
鍼灸が初めてという方も安心して治療が受けられます。

当院で主に使用するはりは、直径0.16ミリほどの細さで、
猫の毛のように柔らかいものです。
また、浅く刺しますので跡が残ることもありません。

はり・きゅうの効果

* 体を温める効果があるため、代謝や血液の循環がよくなります。
* けがをされた後の傷あとは、お灸をするとキレイになります。

はり・きゅうと、「生体電流・・・気」

なぜ、「はり」や「きゅう」が治療に役立つのでしょうか?
その答えは、体内を流れる「気」の性質にあります。

人の体は、およそ80%を「水分」が占めています。
そして、その「水」の中を、微弱な電流が流れています。
このかすかな電流が、筋肉や内臓を動かし、血液の流れをつくり、
脳からのさまざまな信号を体中に伝達したりしています。
このことは人間以外のすべての生き物にもあてはまります。

生き物が生きていくために欠かせない生体電流のことを、
東洋医学では「気」と呼んでいます。
また、気が伝達される、体内の通り道のことを、「経絡」と呼んでいます。
この経絡は、全身を巡っていて、ひとつの環となり循環しています。

この生体電流の流れが滞ると、体のいろいろなところで、
こり、痛み、食欲不振、むくみ、疲労感などの症状がでてくるようになります。
生体電流が乱れてしまう原因としては、主に
ストレスや疲労、生活環境などがあげられます。

生体電流の流れ

生体電流の流れをスムーズにするには、
体のコリやゆがみを解消した上で、ツボへの刺激が必要になります。

これをバスの路線に例えると、
「ツボ(経穴)」は、『バス停』、
「経絡」は『バスの路線図』となります。

「はり」「きゅう」で治療を行うのは、主に、気の流れが滞っている箇所になります。
ツボを刺激すると、経絡の通りが良くなり、気の流れがスムーズになります。
また、感覚神経から伝わった刺激が、経絡を伝わって、脳や身体に行き渡ります。
この刺激が全身に影響することで、自然治癒力が引き出され、体質改善にも作用します。

このため、「はり」「きゅう」は、ストレス解消や疲労回復のほか、
血液、筋肉、内臓、神経、皮膚といった、
身体のあらゆる部分の治療に役立ちます。

ページのトップへ